鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド捻挫

捻挫を早く治すには??

投稿日:2018/06/16 投稿者:鍼灸整骨院 整体院 誠春(コラム投稿数:43件)

この記事は約2分で読めます。

 

こんにちは!鍼灸整骨院誠春です!

 

今、スポーツ現場でも鍼とお灸を使い治療を行う鍼灸師がトレーナーとして、選手を見ていく機会がとても多くなりました。(プロ野球チームでは、何人もの専属鍼灸師もいるそうです。)

 

さて、そんなスポーツの現場で多い、ケガのひとつである捻挫。

色々な治療法がありますが、特に鍼治療は捻挫と相性がよく、効果抜群という事を知っていますか?

なぜ、捻挫に鍼がいいのか、簡単に説明していきますね。

 

重要なポイント・・・鍼を打った場所は血流がよくなります。

 

捻挫をすると、皮膚の下で出血し、血が溜まります。この出血した部分は、キズついた部分が再生される過程で重要な役割を果たします。

 

それと同時に、痛みを強くさせる成分も入っているので、捻挫をした後からどんどん痛みが増してきます。

2~3日経つと、溜まった血液により、捻挫した部分がパンパンに腫れあがり、動かすと痛い、ズキズキするといった症状が出てくるのです。

 

 

鍼を打つと、血流がよくなるので、この溜まった血液ががすーっと流れていくので、痛みが少しずつ治まります。

 

特に即効性に優れているので、2、3日後にパンパンに膨れ上がるという事も少なくなるのです!

 

 

ちなみに基本的に捻挫は、治るのに2~4週間はかかると言われます。

 

鍼治療を行うと、捻挫の程度によりますが一週間ほどで腫れも少なくなり、ある程度のスポーツ復帰可能です。

 

 

 

捻挫の痛みを最小限に抑えることも可能なので・・・

 

二日後に大事な試合がある!

 

どうしても動かないといけない用事がある

 

などの緊急を要する場合の応急処置としても優秀な治療法です。

 

また、足首、手首、首、肩、膝など、あらゆる関節の捻挫に対応可能で、捻挫を早く治す上で、鍼治療はとても効果的です。

 

 

当院でもこういったスポーツでのケガに対して、効果のあるスポーツ鍼をおこなっております。

 

 

これからは大会シーズンに入りますので、大事な試合前なのに捻挫してしまった!

そんなときはスポーツ鍼をオススメします。

 

 

実際に、当院で試合前日に足首を捻挫し、鍼治療を受け、次の日に見事試合に出て県大会まで出場した学生さんもいらっしゃいます。

そういった形で、捻挫に困っているのであれば、一度当院にご連絡下さいませ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

捻挫の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師