鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド足のむくみ

足が重だるい感じがしませんか?

投稿日:2018/06/14 投稿者:ローズの花 鍼灸・整骨院 蒲生駅東口店(コラム投稿数:360件)

今回はむくみについてお話します。

 

むくみとは身体の組織、とくに皮下組織に水分がたまった状態です。

顔や身体のやわらかい部分にあらわれることが多いですが、

足はとくにむくみが見られる部分です。

静脈やリンパ管の流れが滞り、血液や体液、老廃物がたまると足が太くなった感じがします。

 

むくみの原因は腎臓の水分代謝力の低下です。

腎臓の機能が低下すると、体内に余分な水分をためこんでしまいます。

水は上から下に流れるという性質を持つため、上半身より下半身のほうに水分は滞りやすく

足がむくんでしまいます。東洋医学では足のむくみは内臓に関係があると考えられ、「腎」と

「脾」というふたつの臓器の働きが低下して起こると考えられます。

 

鍼灸で足のむくみを改善するときは、足や腰など下半身にあるツボを中心に刺激しています。

腎臓や腸の働きを高める効果があり、体内にある余分な水分の代謝を促します。

 

また、骨盤が開いているとそけい部のリンパの流れを阻害して、むくみの原因となるため、

骨盤のゆがみを整えることもむくみ改善につながります。

お困りのことがございましたら是非当院にご相談ください。

 

 

 

足のむくみの他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師