鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド四十肩・五十肩

急性期を過ぎた五十肩(肩関節周囲炎)

投稿日:2018/06/14 投稿者:こころとからだの相談室 鍼灸治療院 リーチ(コラム投稿数:11件)

こんにちは鍼灸治療院リーチ 院長の政岡です。

急性期を過ぎた五十肩
どう動かしていくか?

五十肩は発症後炎症が治まってきた頃をうまく捉えて
動かしていかねばなりません。
よく言われる
「五十肩は動かさないと固まってしまう」
は時期を誤ってしまうことでなってしまいます。

まだ一週間ほどで痛みが残っているうちは
無理に動かすとまだ痛いのです。
(私はなったことがないので痛みを共感することはできません)
強い痛みが伴うと抵抗してしまってうまくいきません。
コツとしては
可動範囲を確かめるぐらいのつもりで
進めていきましょう。
開くにしても上げるにしても
「このへんぐらいまでかな...あいたたた」
ぐらいでやめていいと思います。
それぐらいからはじめましょう。
最初は無理は禁物です。

もう一つのコツは
肩の疾患なので肩ばかりに目が行きますが
肘が伸びていないことにも注目して下さい。
腕を下に垂らせば軽度屈曲位ぐらいで目立ちませんが
肘を完全には伸ばせていない状態です。
腕をあげようとすると
肘は90度ぐらいの曲がった状態で伸びません。
上腕二頭筋も縮んでしまっているのです。
まずこの肘を伸びるようにすることから始めるのも
コツの一つです。
いぜん勤めていた整骨院で
左右の五十肩を繰り返していた患者様に
このことを教えると
それ以来いらっしゃらなくなり
独自の五十肩療法で三ヶ月後には
すっかり治されていて驚きました。
五十肩のベテランだけになにか悟るものが
あったのでしょう。

ちなみに鍼による筋膜リリースは上がらなくなった
固まってしまった五十肩に効果的です。

鍼灸治療院リーチ

四十肩・五十肩の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師