鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド高血圧・低血圧症

高血圧にならないようにしたい

投稿日:2018/06/14 投稿者:天明堂はりきゅう治療院(コラム投稿数:7件)

皆さん、こんにちは!

東京都江東区新大橋の天明堂はりきゅう治療院です。

 

最近、地域のフリーペーパーの企画で “自宅でできる高血圧緩和講座”

というのを当院で行いました。

 

お医者様から言われて訳も分からず薬を飲んでいる方、自身の健康管理でコントロールして、できれば薬をやめたい方、薬を飲んでいるのにぜんぜん下がらない方など、

 

意外と悩んでいる人は多いんですね。

 

 

お医者様から高血圧症ですねと言われて薬を処方された方の90%は本態性高血圧症といわれているものです。

 

ようするに、はっきりとした原因は特定できないけど、加齢や生活習慣などからきているのでは・・・・というものなんですね。

 

 

様々な要素を含む高血圧ですが、先日はまず、肩こり頚コリのケアについてお話しました。

 

そんなこと?と思うなかれ!

 

筋肉が固くなると、緩んでいるときにと比べて血流量が20~30倍もさがると言われています。

ですから、全身マッサージなんかで身体をほぐしてもらったら、血液の通り道がふえてその影響で血圧が下がるのは当然のことですね。一時的なものにしても・・・・・

 

 

特に首や肩の筋肉は、脳に向かって流れる血管があります。コリの影響で脳への血流量が減ってきますと、それではマズイと自律神経が察知して交感神経を働かせ、心臓さんががんばりはじめます。

 

 

結果、血圧は上がってしまいますね。

 

と、いうわけで頚コリ肩こりのケアですが、まずは皆さん、日々の姿勢‼ ホントに大事です。

意識して、意識するクセをつけましょう!

 

特にデスクワークの方、

 

こんな風に背中を丸めて座っていませんか?

頭の位置が前に傾いて、倒れないように後ろ側の首、背中の筋肉が無意識に支えてくれています。

これでは固まってしまって当然ですよ。常に筋トレしているようなものです。

 

 

思いのほか、絵がでかくなってしまいました(笑)

 

1.椅子に深く腰掛け

2.背筋をのばして背もたれにのりましょう、椅子の背もたれがあまり動かないことも大事ですね。

3.首の角度、あまりうつむかないように画面の位置を考えましょう。

4.キーボードやマウスなどは手前において、肩から腕がダラッと落ちているくらいの角度が大事!

 

これを常に意識するクセをつけましょう!首や肩の疲労感がかなり違うはずです。

当院でもかなり評判がいいですよ!

 

 

その他にも、眼精疲労のケアなど必要ですが、またそれは別の機会に(笑)

 

高血圧・低血圧症の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師