鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド生理不順

あらゆる女性の味方!三陰交ってどんなツボ?

投稿日:2018/06/14 投稿者:美容鍼灸サロン カラダキュア 東京銀座院(コラム投稿数:27件)

 

あらゆる女性の味方!三陰交ってどんなツボ?

投稿日:

皆さんは「三陰交(さんいんこう」というツボの名前をご存知でしょうか。

女性誌や健康番組でも取り上げられているのをよく見かけますので、ご存知の方も多いと思います。

 

効能は

生理痛、生理不順、更年期障害、PMS、などの女性ホルモンバランスの乱れや、

冷え、むくみ、下半身のだるさ、などの水の代謝に関わる症状の改善に効果的であるとされています。

また、不妊症、逆子治療、安産、女性の尿漏れのツボとしても使われます。

 

簡単に言うと、女性に多い体質・お悩みに関わるツボの代表格が三陰交です。

 

場所は、足のうちくるぶしの一番出っ張っているところから、ご自分の指で4本分(人差し指~小指の第二関節の幅)上に上った、脛の骨の内側の際あたりが目安です。

「ここかな?」とあたりをつけて試しに押してみてください。

痛みが響いたら「当たり」です★

 

あまりによく使うツボなので、都市伝説のようなものも出ているらしく、「ここに鍼をすると流産すると聞いた」という方もいらっしゃいました。

実際にはそのようなことはありませんし、むしろ安産のツボとして使うぐらいですが、このように女性の身体にはとても有効、つまり影響を及ぼす「強いツボ」といえるので、不安定な体調、特に安定期に入る前は三陰交には鍼を打たないという鍼灸師もいます。

そういう説明が独り歩きして、いつの間にか「流産する!」なんてお話になてしまったのかもしれませんね。

妊婦さんにも、上記のようなお悩みのある方にもセルフケアとしてお灸や指圧で刺激してあげるのにはとても良いツボですが、ご心配な方や詳しい位置などをお知りになりたい方は、ぜひ鍼灸師にご相談ください。

 

 

 

生理不順の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師