鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド足のむくみ

【立ち仕事で足がむくみやすい・足のだるさが取れないを解消したい場合に】

投稿日:2018/05/25 投稿者:三快治療院(コラム投稿数:340件)

【 日常生活でこんな症状はありませんか? 】

    夕方になると足がパンパンに張る
    むくんで靴がきつくなる
    夕方足が重だるい
    足の血色が良くない
    くるぶしが見えないくらいむくむ
       

などむくみで悩んでいませんか?

【 むくみ? 】   

むくみとは、体内を流れる静脈やリンパの流れが滞り、
老廃物が静脈やリンパの管から漏れ出してしまい
細胞のすき間に滞ってしまう状態です。

普段は、ふくらはぎの筋肉がポンプのような働きをして
静脈やリンパ管を動かし、体内にある老廃物を上半身へ
と運ぶものなのです。
でも、老化による筋肉の衰え・運動不足などで
筋肉のポンプ作用がうまく働かなくなると、
余分な水分や老廃物が下半身に滞りやすくなり、
むくみが生じてしまいます。


また、むくみには、冷えも大きく関係しています。
カラダ(特に下半身)の冷え状態が続くと血流が悪くなり、
皮膚の下に水分が滞留して、むくみが発生します。
そのむくんだ状態は筋肉を硬くしていきます。
すると、カラダの中はさらに循環が悪くなり、
冷えを増長してしまいます。
筋肉が硬くなるとむくみを発生させるだけではありません。
カラダについた脂肪も燃焼しにくくなり、
皮下脂肪も溜まりやすくなってしまいます。
すると下半身がどんどん太くなるといった結果に・・・・・・。

冷えはむくみだけでなく、筋肉を硬くして余分なゼイニクも
付きやすくしてしまいます。

そして、食習慣や生活習慣の乱れもむくみには大敵になります。
摂取する過剰な塩分や糖分、逆に水分の過不足など、
不規則な生活が自律神経の調整機能が乱れるを引き起こし、
カラダの中の循環を悪くして、むくみやすくなってしまいます。

【 鍼(はり)灸でのアプローチ 】  

むくみやすい方にアプローチする場合

治療用ベットにうつ伏せになってもらい

  

をチェックすることが多いです。

多くの方が曲がり具合に左右差があったり

曲げると腰や首に痛みが出たり

お腹や胸が苦しかったり

する反応が出やすいです。

膝をスムーズに曲げれるようにする処置を行います。

膝を曲げた時の痛みや違和感の解消・軽減

左右差が無くなる・少なくなると

調子が良くなってくる方が多いです。

足のむくみの他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師