鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド足底筋膜炎

【ウォーキングや登山をすると踵や足の裏が痛くなる場合に】

投稿日:2018/05/25 投稿者:三快治療院(コラム投稿数:538件)

体のためにウォーキングやランニング、登山をする人が増えていると聞きます。

シッカリ身体ができていないのに無理をして

「踵が痛い」

「足の裏が痛い」

と訴える人がいます。

日常生活では足の裏にかかる圧力は踵部分に約70%、踵より先の部分に約30%と言われています。

日常生活でできた体の歪み・足の歪み・筋力低下・重心の歪みの状態で無理をすると、この足裏にかかる圧力のバランスが乱れて痛みが出る?と考えられます。

普段の生活において道などは、アスファルトやコンクリート舗装されたているところがほとんどです。

そのため、踵部分にかかる衝撃が大きく、かかとが痛くなる方も多いようです。

マラソンのようなランニングや登山などをする人や、肥満傾向・重心のバランスが乱れている・筋力が低下している人は、足の裏にある筋膜が炎症を起こし、痛みが出やすい傾向にあります。

厄介なのは、使うのを控えようと思ってもかかとや足裏を地面に着けずに歩くわけにはいかないですよね。

そのため、痛いと感じていても、完全には使わないで生活することができません。

我慢せず、早めに痛みに対してアプローチをする事をお勧めします。

 

踵が痛い。

足の裏が痛い。

人のかかと部分を観察すると、踵の骨が歪んでいることが多くあります。

この歪みを調整するだけで、痛みがかなり軽くなることが多いです。

足底筋膜炎の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師