鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド難聴・耳鳴り

耳鳴りと便秘の関係について

投稿日:2018/05/24 投稿者:片耳難聴専門 さいとう難聴鍼灸院(コラム投稿数:611件)

こんにちは。

 

日本最高水準の耳鼻科・神尾記念病院で治らなった患者が当院に来院することから、「営業妨害」だと妬みのクレームが来る難聴専門鍼灸院。

 

 突発性難聴専門 斉藤鍼灸院です。

 

 

 

便秘というのは、毎日便通があるかないかということではありません。

 

 

毎日でるのが普通の人もいれば、もともと2~3日に1回でも快調だという人もいます。

 

 

 

自分が便通がなくて苦しいと感じれば、それは便秘だということです。

 

 

 

 

 

便秘の原因は様々です。

 

 

便秘=便通がない状態でもっとも怖いのは、腸閉塞や癌による腸の癒着など、構造的な異常からおきるものです。

 

 

 

また、構造的な異常がなくとも、腰部ヘルニアによって便秘が起きている場合は、大至急手術が必要です。

 

 

 

これらの便秘は命に係わることですから、鍼灸院が扱うべきものではありません。

 

 

 

 

鍼灸院に来院する例で多い便秘は、特に女性に多いです。

 

 

 

 

ストレスによってウサギの糞状のコロコロ便しかでないとか、

 

 

下剤を飲んでやっと出るとか、

 

 

高齢者に多い、便を押し出すための腹圧がない、などです。

 

 

 

 

 耳鳴りとの関係で言えば、やはり女性に多いコロコロ便秘との関係です。

 

 

 

 

ストレスによって便秘になる状態は、東洋医学では「気秘」といいます。

 

 

 

ストレスによって肝機能が乱れると、気のめぐりが悪くなって便通も滞るという考えです。

 

 

 

 

肝機能とは肝臓の解毒機能のみでなく、気を動かすモーターとしての役割があります。

 

 

 

ストレスがあると肝機能は乱れ、正常に気を動かすことができなくなると東洋医学では考えます。

 

 

 

便が腸内でとどまると、便から水分が排泄されて硬く乾燥し、腸内の動きがますます困難になります。

 

 

 

 

 

気は人体のエネルギーで、血液は気とともに流れると考えます。

 

 

 気の滞りは血液の滞りです。

 

 

 

便秘の人が肌荒れを起こしたり、顔の血色が悪いのは、気の滞りによって血液も滞り、皮膚に栄養がいかないからです。

 

 

 

 これは耳鳴りとも関係することで、

 

 

耳に血液と気が行き渡らなければ、耳鳴りや難聴が起きるということです。

 

 

 

耳鳴りにもいろいろな原因がありますが、

 

 

ストレスとの関係で言えば、金属音のような高音の耳鳴りや、あるいは聴覚過敏となるあぶみ骨の過剰運動などがあります。

 

 

 

耳鳴りの原因は不明な点が多くありますが、内耳の有毛細胞の誤作動が原因だとする説が有力です(脳に異常がない場合)。

 

 

図引用  http://morimoto-ent.jp/doctorblog/839.html

 

 

内耳蝸牛の内リンパに有毛細胞はあり、音の振動を電気信号に変換するという役目を持ちます。

 

 

ストレスによって肝機能が乱れると、有毛細胞の酸欠を招きます(気が滞ると血も滞り、血が酸素を運ぶ)。

 

 

有毛細胞のエネルギー源である酸素が不足することによって、有毛細胞は正常に作動できずに誤った音の情報を脳へと送ってしまいます。

 

 

これが耳鳴りの原因だと考えられています。

 

 

 

また、便秘になるとトイレでいきみますね。

 

 

 

いきむ時というのは、顔や首に力が入ります。

 

 

人間の構造上、顔の筋肉に力が入ると首の筋肉も硬くなるようにできています。

 

 

首が硬くなると、内耳に血液を送る椎骨動脈を圧迫してしまい、内耳の血流を低下させる原因となります。

 

図引用  http://yakuraibos.exblog.jp/18690907/

 

 

 

 交感神経の作用として、骨格筋への血流増加の一方、内臓筋の運動は低下させます。

 

 

ストレスによって交感神経が興奮すると腸の動きが悪くなり、便の移動も困難になって便秘になります。

 

 

その状態は内耳の血流も低下していますから、耳鳴りや難聴がおきやすいということです。

 

 

 

もちろん、耳鳴り患者で便秘がない人も当然いますし、便秘が解消されたからといって耳鳴りが治るとも限りません。

 

 

 

あくまで関連性の話であって、実際は複雑な状況が絡みあっています。

 

 

 

症状ではなく、身体全体を診るのだということをお忘れなく。

 

 

 

難聴・耳鳴りの他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師