鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド頭痛・偏頭痛

脳脊髄液の働きって?

投稿日:2018/06/14 投稿者:健養堂はり灸治療室(コラム投稿数:41件)

前回までのコラムで、頭蓋骨と脳脊髄液の動きのお話をしました。


繰り返しになりますが

頭蓋骨が膨らんだり縮んだりする動きによって
脳脊髄液が脊髄を通って仙骨まで行き、その途中で
全身に広がっていき、身体の機能がスムーズに進むのです。

 

脳脊髄液は大切だと言っていますが、どんな働きをしているのでしょうか?

 

一つは
内臓や筋肉、神経に栄養を運び、老廃物を回収する

 

もう一つは
身体のどこかに損傷があれば、それを治す 

ということです。

 

脳脊髄液の流れが悪くなると、脳が圧迫されて頭痛がしたり
吐き気やめまい、視力低下、耳鳴りといった症状があります。

 

また、自律神経の乱れも出てきます。

脳脊髄液は、血液と同じくらい重要な働きをしているのですね!

これを機会に、ぜひ覚えて下さい!(^^)/

 

福岡市博多区の鍼灸専門院

健養堂はり灸治療室ホームページ

 

「しんきゅうコンパスを見ました」とご連絡下さい(^_^)

 

 

頭痛・偏頭痛の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師