鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイドシンスプリント

和歌山県内全域からシンスプリントに悩んでいるスポーツ選手が多く来院している田辺市の治療院

投稿日:2018/04/17 投稿者:楠本整骨針灸院(コラム投稿数:139件)

シンスプリントとはスネの内側や、まれに外側が痛くなる症状です。

陸上競技の短距離・長距離選手、スポーツを始めたての方々に発症しやすい傷病です。

シンスプリントの原因は、スネに付着している様々な筋肉が緊張し、スネの骨の骨膜を引っ張ることによって痛みが出現しております。

症状としては

  • スネの内側下半分が痛くなる
  • 走ると痛む
  • 骨がきしむような感じがする
  • 鈍痛のような痛みがある

といった症状が現れ、陸上選手の5人に1~2人が発症すると言われています。

痛みを我慢しながら、練習を続けていると「疲労骨折」を起こし、長期の離脱を

余儀なくされるケースも多々あります。

結論から申しますと

痛いまま練習を続けるのは百害あって一利無し」です。

当院の治療では、スネの骨の骨膜を引っ張っている緊張状態のさまざまな筋肉をAKA治療・AKS治療を初め各患者さんの状態に合わせた様々な施術を組み合わせて治療を行い、元の柔らかい状態に戻していきます。

まずは楠本整骨針灸院ホームページをご覧ください。

https://kusumoto-sinkyu.webu.jp

シンスプリントの他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師