鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド不眠

眠れない、夜間に1~5回目が覚めて熟睡感がない方の原因は

投稿日:2018/04/16 投稿者:さくら鍼灸院(コラム投稿数:98件)

今日ご来院の方は入眠に時間がかかり、歯ぎしりもあるという方でした。

30半ばで働き盛り。中高では部活で相当に身体を鍛えてきた方です。

 

20年経った今もジョギングや筋トレを欠かさない徹底ぶり。

体力はあるものの、眠りが浅く肩や首のコリがひどいのです。

 

長年の睡眠不足は途中で何度も目が覚めることが原因で、「腎虚」傾向が現れてきていました。

 

身体は筋肉質で健康そのものの外見ですが、足が冷たくて予想外でした!

 

この足の冷えも「腎虚」であることのひとつの証拠です。

 

たしかに仕事のストレスもありますが、色々とお話をきくうちに、一つの原因は筋トレとジョギングの順番ではないかと感じました。

 

夕飯が遅く22時以降になることも多いようです。

疲れて帰宅後にジョギングに出かけ、プロテインを飲んで遅い時間に筋トレをして、夕飯後に就寝につきます。なかなか、ハードな夜のスケジュールですよね。

 

がんばり過ぎ、詰め込み過ぎですね。

おそらく交感神経も過剰で、肉体的にも筋肉に熱をもってしまっているので、「血熱」がきつく、眠りにくいのかもしれません。

 

また、汗のかきすぎがあった場合は「血虚」状態になり、こちらもそわそわや不安感がでて、眠りづらくなってしまいます。

 

途中で目が覚めてからソワソワして胸のあたりがザワザワしてジッとしていられない症状がある方も、心の熱や心の血虚が原因である場合も多いのです。

 

不眠、入眠困難や途中覚醒の原因もいろいろお話を聞けば、その原因がわかるので本当に中医学の知識は本当に素晴らしいなあといつも感じています。

 

 

不眠の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師