鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド貧血

慢性貧血(子宮の問題による)は喜び、創造性、生命の感情的な問題に関係ある

投稿日:2018/03/21 投稿者:さくら鍼灸院(コラム投稿数:19件)

 

30代の女性の患者さんが来院しました。
その方は1ヶ月で15日くらい生理をする方でした。普通の女性より倍以上生理をするから慢性貧血で悩みました。色んな治療を受けてもなかなか良くならなかったです。

私は肉体的問題より心理的な問題があると思って質問をしました。
:あなたに‘子宮’はどんな意味がありますか?
患者:”妊娠と関係あります。“

:”心身医学で子宮は、生命、喜び、創造性(生命に関する)の意味があります。“
”あなたは,
人生で一番嬉しい時はいつでしたか?
人生で創造的な時はいつでしたか?“

この質問で彼女は泣き始めました。

患者:“私の人生で嬉しい時はなかったです。創造的な時もなかったです”
“実は私が子供の時、父と母は仲が悪くていつも喧嘩ばかりで家庭暴力が多かったです。私は本当に辛かったです。それを見て私は大人になったら絶対結婚はしないと決心しました。そして子供もうまないと決心しました。“
父と母が喧嘩する時、”こんなに喧嘩するなら何で私を産んだんですか?“と質問もした事あります。”私は辛くて辛くてもう今死んでもいい!“とずっと思いました。”
結婚はしたくなかったですが、親から逃げる為に結婚するしかなかったです。
子供も欲しくなかったですが、主人が長男なので、産むしかなかったです。子供を一人産みましたが子供に愛情はあまりなかったです。1回流産してから生理がおかしくなりました。”

彼女に個人セッション(心理治療)を行いました。セッションが終わったら彼女は気持ちが本当に楽になったと言いました。

1か月後、彼女から連絡が来て、
“今回生理が5日で終わりました。私の人生でこんな日が来るんですね!
本当に嬉しいです。ありがとうございます。”と言いました。

彼女は妊娠したくなかったから生理が止まらなかったです。

薬やはりきゅう治療など物理的な治療を受けても良くならない慢性疾患の場合、裏には必ず心理的な問題があります。

貧血の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師