鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド頭痛・偏頭痛

頭痛について

投稿日:2018/02/23 投稿者:ローズの花 鍼灸・整骨院 竹ノ塚駅西口店(コラム投稿数:257件)

皆さん、こんにちは。

本日は、「頭痛」についてお話致します。

頭痛の種類としては

筋緊張性頭痛
偏頭痛
後頭神経痛
群発性頭痛
これらの頭痛はわりと広く知られています。このなかで筋緊張型頭痛が最も多く、その次に多いのは偏頭痛といわれています。この他に発作性と慢性に分類することもあります。発作性の片頭痛や後頭神経痛が筋緊張性頭痛や慢性頭痛に変容したり、その中間である移行タイプなどあいまいな症状を呈する頭痛も存在するとされています。頭痛の原因は、様々ですのでまずは医療機関で検査を受けることが必要です。

よくある頭痛の症状と鍼灸治療

痛みの出る部位、感じ方はさまざまのようです。例えば通常の偏頭痛のようにどちらか決まって片方のみに出る頭痛だけでなく、以前は右だったが今は左に出るなど、左右交互に出る例が少なからずあります。この他に、後頭部、頭頂部、こめかみ、目の奥の痛み、頭重感、頭皮がつっぱる、締め付けられる、しびれる感じなどの症状を呈するタイプも見られます。
偏頭痛でも筋の緊張やコリからの頭痛でも、たいていは後頭部の頭蓋骨と頚椎のさかい目やその少し下の横の陥凹部に反応が出ていることが多くそこが必須の治療部位となります。

痛みの他に、吐き気、嘔吐、不眠症、自律神経失調様症状、のどに何かが詰まったような違和感、眼の疲れ、動悸、めまい、鼻炎、花粉症、耳鳴り、光や音に過敏な状態や症状を伴っている方もみうけられます。

頭痛はさまざまに分類されていますが、多くのケースで肩こり首こりを伴っています。肩こり首こりの自覚が無くとも頚部に緊張があることがあります。普段は感じない程度の凝りや緊張が、女性では生理、それ以外にストレス、長時間のデスクワークによる運動不足などで血流が悪くなると、更なる筋緊張が起こります。その緊張が神経や血管まで刺激することで「ずきずき」したり、あるいは末梢毛細血管の血流不足を招き、痛み、頭皮のしびれ、違和感を生じさせます。

頭痛・偏頭痛の鍼灸治療法

肩首のこりを全体にほぐし、後頭部や前頚部にある頭痛の特効治療ポイントを使用し症状を楽にしていきます。それぞれの頭痛患者さんに適した刺激、施術を行っています。

そのため頭痛の改善には鍼灸施術がとても効果的なのです。

鍼灸治療は予約制になっています。一度お電話でご予約の上、ご来院下さい!

詳しい情報はこちらをご確認ください。
https://www.rose-takenotsuka.com

頭痛・偏頭痛の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師