鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイドしびれ

腕のシビレ・痛みは意外なところに原因があるかも。続き

投稿日:2018/02/15 投稿者:つばさ鍼灸マッサージ院(コラム投稿数:79件)

肩甲骨から腕の付け根に「棘下筋」という筋肉があります。

 

この筋肉の緊張が進むと関連痛と言って、肩の前の方から腕の先の方にかけてシビレや痛みが広がってくる事があります。場合によっては肩甲骨の内側も痛むこともあります。

 

肩の前面や腕に痛みがあるので、その部分の筋肉に問題があるように感じますが、関連痛の場合は

原因のある場所から遠い場所に痛みを感じる事があるんです。

 

この棘下筋の緊張が進むと就寝時横向きで寝る事が辛くなってきます。横向きになることによってその筋肉を押し付けたり、逆に腕が前に下がることによって負担になったりするからです。

 

そのほか、

・コートの袖に手を通す動作が難しくなる。

・ズボンの後ろポケットに手を回しづらくなる

・髪をとかしたり、歯を磨く動作が難しくなる。

・ドレスの背中のジッパーを上げづらくなる

などの症状が出てきます。

 

YNSA®では頭皮に鍼をします。診断によって原因のある場所を探して頭皮のツボに鍼をしていきます。心身の自然治癒力を高めることによって症状を改善していきます。 

とは言っても痛みが長く続いたり、身体の疲労、精神的ストレスが続くとそのような自然治癒力が低下してくるんです。そうすると脳のある部位の働きが低下することによって正常時よりも痛みを何倍にも感じやすくなったりするんです。

 

 YNSA®の治療後に、痛みの軽減を感じるだけではなく

・よく眠れるようになった。

・なんだか元気になってヤル気が出てきた

という感想をおっしゃる方も多いです。

お困りの方、ぜひお試しください。

 

つばさ鍼灸マッサージ院

https://www.tsubasa-shinkyu.jp/

 

しびれの他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師