鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド不妊

太陽の光を浴びるように意識しましょう

投稿日:2018/02/13 投稿者:すずらん鍼灸院(コラム投稿数:61件)

全国的に積雪も多く、冷える日々が続いていますね。

こういった季節は天候も悪い日が多く、日光を浴びにくい時期でもあります。

 

冬になりやすい病として「冬季うつ」があります。病名にうつとはあるのですが、

重い病ではありません。ただ症状としては、無気力感や日中の集中力の低下、過食などがあります。

この病は通常のうつ病とは異なり、冬に症状が発生するために名付けられました。

日照時間の減少に起因していると言われています。

 

人間の体内では日光に当たることで、「セロトニン」という物質が作られます。

セロトニンには覚醒作用やリラックス効果などがあり、

さらにこの物質を元に睡眠を促すためのメラトニンという物質が作られるため、

体内のメラトニンが不足すると、ストレスに対して敏感になり、

心が不安定な状態になりやすくなってしまいます。また、先述のように寝つきが悪くなることで、

生活リズムを崩したり、疲れの原因になってしまったりします。

そのために「冬季うつ」を起こすと考えられます。

これらの症状はまさに妊娠しやすい身体作りに悪影響を与えてしまいますね。

 

セロトニン不足が引き起こす症状への改善方法としては、

まず1つに太陽の光に浴びる時間を積極的にとることがあげられます。

次回のコラムでは、もう少し詳しくセロトニンを増やす方法について説明しようと思います。

 

 

 

不妊鍼灸に興味のある方はこちらをご覧ください。

    

 

不妊・鍼灸院 - 東京すずらん鍼灸院

不妊の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師