鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド自律神経失調症

自律神経 うつ病 イライラ 効く理由

投稿日:2018/01/13 投稿者:天恵堂治療院(コラム投稿数:106件)

みなさんこんにちは。 

栃木県・小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。 

 

今朝は顔も耳も耳の奥までジンジンするほど寒さが厳しい朝になりましたね。北陸・東北・北海道から九州まで大雪になっておりますので、雪が降っている地方の方はくれぐれも体調、交通機関、自動車の運転にはお気を付け下さい。

 

また雪が降っていなくても全国的に寒さが厳しくインフルエンザ、風邪が流行っていますから十分ご注意ください。 

 

今日はなぜ!?鍼灸治療や指圧・あん摩が自律神経のトラブルや、うつ病、精神的な落ち込みから、イライラ、理由のない不安感などに効果があるのか?についてコラムに書きたいと思います。

 

  治療による「癒し」「幸せ」「気持ち良さ」が健康につながる理由 

 

マッサージを代表とする「手技療法」あん摩、指圧の治療を受けると痛みや不快な症状が改善することが分かっています。まぁこれらの効果は一般の方でもご存知の方が多いと思いますし常識ですよね。

 

お身体の痛みや不快な症状が改善するのは、凝り固まったお身体や筋肉・筋膜がリリースされる、筋肉の緊張が緩和され、血流改善し、痛みを感じさせる物質が流され、酸素やビタミンなど栄養が正常に巡り、痛みを出していた部分が修復されるからです。

 

 もちろん関節の動きが良くなり運動しやすくなるということは一般の方でもご理解いただけると思います。

 

 実は国家資格者や医療従事者が行う「正しい知識と経験に基づく」あん摩や指圧、マッサージには肉体面の痛みや不快な症状だけでなく「癒し」「幸せ」「気持ち良さ」「スッキリした」「眠くなった」など心や気持ちも癒すホルモンや脳内物質を生み出す効果があります。

 

 だからこそ「うつ病」「自律神経失調」「神経症」「不眠症」など精神的・心因性の不調や、自律神経のトラブルにも効果があり自然治癒力や自己免疫力が活性化されるんです。

 

  あん摩・指圧治療によってお身体が活性化され生み出される具体的な「ホルモン」や「脳内物質」は以下の通りです。

 

 

「オキシトシン」=愛情・癒しホルモン 

 

 

出産や授乳時に出るホルモンとして「赤ちゃんのための愛情ホルモン」として有名です。

 

・安心と信頼感を感じる ・幸せな気持ちになる ・脳や心が癒される ・ストレスに強くなる ・不安や恐怖感が減少する ・他者への信頼感が強まる ・学習意欲と記憶力向上 ・循環器系の疾患予防 ・自閉症スペクトラム障害の改善 などの働きがある。 

 

マッサージ、スキンシップ、感動するなどにより生み出される。 

 

 

「セロトニン」=幸せ・安らぎホルモン 

 

 

「幸福ホルモン」と呼ばれる代表ホルモンとして有名です。

 

・不安を取り除く、感じにくくなる ・気分の落ち込みを減らし建設的、前向きな思考になる ・攻撃性が減少するなどの働きがあり、精神面の安定維持に大きな働きがあるので「幸福ホルモン」と呼ばれる。 

 

マッサージ、有酸素運動、太陽を浴びる、幸福な思い出の回想などにより生み出される。 

 

 

「βエンドルフィン」=鎮痛・多幸感の脳内物質 

 

 

「脳内モルヒネ」と呼ばれる脳内物質として有名です。

 

モルヒネと言われるだけあり強力な鎮痛作用があり、気分を高揚させ多幸感を感じさせてくれます。ランナーズ・ハイと呼ばれる気分の高揚や多幸感を感じさせてくれる脳内物質です。 

 

鍼治療、マッサージ、瞑想、笑うなどにより生み出される。 

 

自分で治療もしてホルモンや脳内物質の事を調べて、コラムにも書いていて「これだけ効果が証明されてて効かない方がおかしいわ」と勝手に思ったので、上記の方法を合体させてみた結果はこんな感じになりました。

 

院長・福田が考えたハッピーホルモン&脳内物質を生み出す最幸の過ごし方!

 

太陽を浴びながら、ハッピーで楽しかったことを思い出しつつ、笑顔でジョギングしてあん摩・指圧を受けに行きましょう!

 

あん摩・指圧を受けたら、ご家族と一緒にお食事を済ませ、みんなで感動する映画を見て、お子さんやペット、ご家族とスキンシップしましょう!

 

お風呂に入ってリラックスしながらストレッチをして、お布団に入ったら5分くらいの時間で楽しい事や嬉しい事を思い出し、笑顔を作って瞑想し、そのまま眠りましょう!

 

次の日の朝になったらもう「絶好調」になってるような気がしませんか(*‘∀‘) 

体調が優れない方、どうしてもお身体が言う事を聞いてくれない方もいらっしゃると思いますが、何事も「できる事」「やり易い事」「楽な事」など少しずつ行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

東洋医学には「肉体面」の不調だけでなく上記のように素晴らしい「ホルモン」や「脳内物質」を活発に生み出す働きがあるので、「うつ病」「自律神経失調」「神経症」「不眠症」など精神的・心因性の不調や、自律神経のトラブルにも効果があり、その結果として自然治癒力や自己免疫力が活性化され「お身体全体が整う」「好調が維持され」風邪やインフルエンザにかかりにくくなるんです。 

  

 東洋医学は健康と好調を「創る医学」であり大病を未然に防ぐ「未病治」の医学です。 

 

これから花粉症の季節になり大きく体調を崩される方も増えてきますのでみなさんも東洋医学で体調を整え、健康・好調生活を目指されては如何でしょうか。 

 

 お辛い症状でお困りのみなさん、すでに「寒の入り」で寒さが厳しくなっていますので、くれぐれもお身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごしください。 

 

 風邪をひいて元々お持ちの症状が悪化されている方が増えております! 

 

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう! 

 

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。 

 

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、栃木を!日本を!世界を!良くしたいという野望を密かに燃やす院長でした。

 

自律神経失調症の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師