鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド腰痛

ゴルフでテイクバックが上手くできない時は殿部を治療!?②

投稿日:2018/01/13 投稿者:名古屋トリガーポイント治療院(コラム投稿数:23件)

 

 

前回、こんなコラムを書かせていただきました。

 

↓↓↓↓↓↓こちらをクリック↓↓↓↓↓↓

ゴルフでテイクバックがうまくできない時は臀部を治療!?

 

 

 

前回の記事では、

「テイクバック量が減少することにより、肩こりに影響するのでは?」

という内容で書かせていただきました。

 

そして記事の最後に、体幹右回旋を止めている原因として、

殿部の大きな筋肉、「大殿筋」を挙げました。

 

 

 

なぜ大殿筋をほぐすと体幹の回旋が変わるのでしょうか。

今回はその謎に迫ります!

 

 

 

 

 

そもそも「大殿筋」とは!

 

殿部・股関節だけでなく、身体の姿勢制御に関わる大切な筋の一つです。

 

↑ の図にあるように、大殿筋は骨盤から大腿骨(太ももの骨)に付着します。

 

 

 

 

 

この「大殿筋」は、

筋膜の繋がりを示す、「アナトミー・トレイン」上で、

「ラテラル・ライン」に属します。

 

 

     ラテラル・ライン ↓

 

 

 

この「ラテラルライン」の機能は、主に次の3つになります。

 

 ●前後左右のバランスをとる。

 

 ●体幹と下肢を協調的に固定し、腕の動きによる身体構造の崩れを防ぐ。

 

 ●体幹の外側運動や、回旋運動を「ブレーキ役」として調節する。

 

 

この3つ目の機能こそ、

大殿筋がテイクバック(体幹回旋)に関わる、

重要なポイントなのです!!

 

 

 

少し解説します。

 

ラテラルラインは回旋運動のブレーキ役です。

 

「回旋運動のブレーキ」は身体の大切な機能ですが、

ラテラルライン上の筋肉が(今回の場合は大殿筋が)かたまってしまうと、

その筋だけでなく、つながっている筋膜のライン上で柔軟性が低下します。

 

 

ラテラルラインの柔軟性が低下すると、

「回旋運動のブレーキ」機能が過度に働いてしまい、

体幹回旋の制動因子となってしまいます。

 

 

 

以上のことから、

ラテラルラインの柔軟性低下の原因となっている、

「大殿筋」をほぐすことによって、

体幹回旋量に変化が出ることが分かります。

 

 

 

 

 

ちなみに「大殿筋」は、

運動時の姿勢安定に強く作用する、

「ファンクショナルライン」にも属します。

 

 

      ファンクショナルライン ↓

 

 

 

野球サッカーランニングヨガなど、

動きのなかで、身体や体幹を安定化させることは、

力を上手く伝える時に重要になります。

 

 

ゴルフでも、ファンクショナルラインによる、

身体の安定化が上手く機能し、力の伝達の効率化ができれば、

飛距離アップも期待できます。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  ● 今回のまとめ ●

 

「大殿筋」はアナトミー・トレイン上で、

「ラテラルライン」「ファンクショナルライン」に属し、

体幹回旋のブレーキ役や、動きの中での姿勢安定に、

多大な貢献をしている!

 

 

当院にご興味ございましたらご連絡下さいませ!

お待ちしております!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

ネット予約はホームページより受付中です。

→ホームページはこちら←

 

腰痛の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師