鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド眼科疾患・眼精疲労

【新宿の鍼灸院】眼の疲れは溜めないようにしましょう

投稿日:2018/01/13 投稿者:柿木園(かきのきぞの)鍼灸・整体院(コラム投稿数:123件)

近年では、眼の疲れを感じていない人のが少ないかもしれません。

 

長時間の読書、テレビ鑑賞やパソコン作業によって眼に疲れを感じます。
この疲れは生理的な現象であって、病気ではありません。=眼疲労

 

スマホ・パソコン、ゲームなどが普及した現代では、日常的に目を酷使してしまう環境にあります。
ちょっとした「見る」という動作に過ぎないのに、とても疲労を感じて、
症状が頑固に続き、頭痛や吐き気等からだにも悪影響を及ぼすようなことがあれば、それは眼精疲労です。
眼精疲労は、休息や睡眠をとっても十分に回復できません。


眼精疲労の種類
1.眼の機能に関係があるもの
遠視、乱視、斜視などの調節の異常や
ドライアイ、結膜炎や緑内障などの眼の疾患を抱えている事が要因となって起こります。疾患がある場合には、早めに治療しましょう。

 

2.環境に関係があるもの
照度のあっていない照明をつけている、メガネの度が合わないなどの要因で起こります。
度が合わないだけで目にはかなりの負担が掛かってしまうので、少しでも合わないと感じたら直しましょう。

 

3.全身疾患や、体質などの身体に関係があるもの
過労や脳神経の異常、高血圧、肝臓病、腎臓病、貧血、更年期障害などの要因で起こります。

 

4.精神的なものが関係しているもの
心身症、神経症、ノイローゼやヒステリー、不安感が要因となり起こります。

 

その他にも細かいものの見過ぎやパソコン画面の見過ぎ、
色彩の強いものの見過ぎなども眼精疲労に繋がります。


スマホ・パソコン作業が長時間続く場合には、
画面から目を離して遠くを見る、
目を閉じて眼球を上下左右に動かしストレッチする
ホットタオルや冷やしたタオルで目の周りの血行を良くすることも有効です。

 

きちんと眼の休憩時間を作ってあげましょう。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

柿木園鍼灸・整体院

【住所】
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-14-10 松山ビル7階
新宿御苑前駅から徒歩2分
新宿駅から徒歩12分

【電話番号】
03-6380-4642

【営業時間】
10:00~20:00

●公式 柿木園鍼灸・整体院HPはコチラ

http://kakinokizono.com/

 

●肩こり・首こり・頭痛 専門HPはコチラ

http://xn--28jzfn69k3kiq37a.com/

■■□―――――――――――――――――――□■■

眼科疾患・眼精疲労の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師