鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド不妊

意外と多い 二人目不妊 続発性不妊

投稿日:2018/01/13 投稿者:宇都宮鍼灸良導絡院(コラム投稿数:118件)

こんにちは(^-^)

 

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。

 

意外と悩んでる方が多いのが「二人目不妊」です。

 

一度も妊娠経験がない方を原発性不妊と言い、

一度でも妊娠経験がある方を続発性不妊と言います。

 

お一人目を自然妊娠で授かった場合、ご夫婦ともに特に大きな問題はないはずです。

でも、

子育てに余裕が出た頃に「そろそろ二人目を」と望まれても、なかなか妊娠できずに不妊治療をスタートされる方がとても多いのです。

 

原因は何でしょうか。

 

色々と考えられますが、

出産後にホルモンのバランスが変化してしまうことで、

生理不順や無排卵を引き起こしてしまうことがあります。

また子宮内の環境が変わり、

子宮内膜症を発症してしまったり、

子宮ポリープなどを発症してしまうことも二人目不妊の原因になります。

 

 

そして大きな問題が、女性の晩婚化にまつわることです。

どうしても、女性は年齢があがるごとに、卵子の数と質が低下してしまいます。

35歳をすぎるとその低下の速度は加速してしまいます。

 

・卵管の狭窄や閉塞

・卵子が育たない、排卵しない

・子宮内腔や子宮内膜の異常

・卵巣の機能低下や卵子の質の低下

 

この他、子育ての忙しさから性交渉の回数が減少することも原因のひとつです。

 

一般的に30代後半から妊娠率を一気に下がると言われています。

受精卵の染色体異常がおこりやすくなり、

流産の確率もあがってしまうのです。

男性も同様に、35歳を過ぎると精子の数や質の低下がみられます。

 

不妊治療は、検査で原因を見つけることが何より最優先されます。

 

お一人目が自然に授かったからといって、

のんびり構えていると、

治療が遅れてしまい、妊娠の機会を逃してしまうかもしれません。

 

お二人目不妊で、お悩みの方は、一度不妊鍼灸をお試しください。

 

生理が再開しない、月経痛がいつもと違う、など気になる症状がある方は、

専門のクリニックで検査を受けることをおすすめいたします。

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、保障するものではありません

 

 

 

 

不妊の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師