鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド動悸

心臓がどきどきして不安になる時の対処法と鍼灸の効果4つ

投稿日:2018/01/13 投稿者:鍼灸院 天空(コラム投稿数:236件)

ふいに心臓がどきどきしてくると、不安になりますよね。

心臓の病気だったらどうしよう・・・と思ってしまいます。

しかし、検査では何も異常が出なくて、お薬を飲んでも効果が見られないことも多く、どうしたらよいのか悩んでいる方も多いです。

 

心臓がどきどきすることを、動悸といいます。

誰でも緊張した時や運動中に、心拍数が早くなることを感じたことはあると思います。  

しかし、動悸は安静にしている時にも起こることがあります。

必ずしも、心拍数が早くなるというわけではなく、心拍数はゆっくりでも、普段は感じないはずの鼓動が、大きく感じるということも含まれます。

 

 

 

動悸が不安を引き寄せ、

不安が動悸を起こすきっかけとなります。

 この悪循環を断ち切ることはなかなか難しいです。

 

 

悪循環を断ち切るには、あなたの動悸が起こっている原因を取り除くことが一番効果的です。

しかし、原因が分かったとしても、そうそう簡単に取り除けるものではないことがほとんどです。

  

動悸の原因

  ○ストレス・・・緊張、プレッシャー、心配事、悩み

  ○過労

  ○自律神経失調症

  

鍼灸はこれらの原因を解決するための手助けができます。

  

鍼灸が期待できる効果

 ・自律神経のバランスを整える

 ・ストレスを軽減させる

 ・精神的に安定させる

 ・疲労を解消する

  

 

・自律神経のバランスを整える

  自律神経は交感神経と副交感神経とに分けられます。

  この二つの神経はお互いに作用が拮抗しています。

  交感神経は、心拍数を早くする

  副交感神経は、心拍数を遅くする

  このような働きがあります。そのほかにも、身体の様々な機能のコントロールに関与しています。

  そのため、自律神経の機能が低下してしまうと、動悸を感じやすくなります。

  

 

 鍼灸治療は自律神経の中枢に働きかけることができます。

 脳の血流を促進し、神経の伝達をスムーズに行えるようにしていくことにより、自律神経の機能は徐々に回復していきます。

 それに伴い、動悸が起こる頻度も減っていきます。

 

 

・ストレスを軽減させる

  緊張や、プレッシャーなどを感じると、心拍数が速くなったりしますよね。

  これは脳がストレスを感じたと認識し、自律神経を介して心臓の鼓動を早めることにより、起こります。しかし、これはその時だけの一時的なものです。

  この状態が度々起こったり、長期間つづいたりすることで、ご自身では感じない程度の軽いストレスにも体が反応し、動悸を起こすようになることがあります。

  鍼灸治療にはストレスを軽減する作用があります。

 また、長期的に鍼灸治療を継続していくことで、ストレスに対して身体が過剰に反応しないようにしていくことが可能です。

  

 ・精神的に安定させる

  精神的に不安定な状態になると、気分の浮き沈みが大きくなります。

  注意されただけで、強く落ち込んでしまったり、逆に、テンションがハイになりすぎてしまうといったことがあります。

  この気分の浮き沈みは、あまりにも大きすぎると身体に負担になります。

   これは東洋医学でも昔から言われていることです。

 

   喜び→心に負担がかかる

 

   怒り→肝に負担がかかる

 

   思い→脾に負担がかかる

 

   憂鬱→肺に負担がかかる

 

   恐怖→腎に負担がかかる

 

 ここで挙げられている心や肝というものは、心臓や肝臓といった臓器に当てはまるわけではありません。あくまで東洋医学的な視点から言われていることです。

  鍼刺激には、安心感や幸福感を感じさせるホルモンの分泌を促す働きがあります。鍼をすると、リラックスできるのはこのためです。治療中にお休みになるかたもいらっしゃいます。

  

 

・疲労を解消させる

  疲労が蓄積されることで、体力が低下します。

  身体が弱ると、自律神経の機能も低下して、動悸が起こりやすくなります。

  疲労には肉体的、精神的なものがあります。

  精神的な疲労については上記に対策を記述していますので、肉体的な疲労についてになります。

  鍼灸治療を行うことで、睡眠の質が良くなったり、食事からの栄養をスムーズに吸収できるようになります。

 血流も同時に良くなりますので、老廃物の排出が促進され、疲労物質などの産生がおこりにくくなり、疲れが取れやすくなります。

 

 

 

動悸が起こった時の対処法

 

 ・軽く運動する

 ・何か考え事をしている時に動悸が起こった場合は、他のことを考えるようにする

 ・お笑いやコメディなどの気分が愉快になるような動画を見てみる

 ・内関というツボを押す

 ・頼れる人に、悩みを聞いてもらう

 ・アロマなど、あなたの好きな香りでリラックスする。

 

 

 

 

動悸の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師