鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド不妊

不妊治療の基礎知識。FSH ホルモン検査の結果からわかる情報

投稿日:2017/11/22 投稿者:鍼灸サロンRicca(リッカ)(コラム投稿数:90件)

FSHが高値だと妊娠しにくい?」

こんなお話を聞いたことありますか?
患者様からも何人か質問されたかたもいますが、検査の数値が実年齢より高く、妊娠できるか不安に思う方もいますが、それだけで「妊娠できない」というわけではありません。

 

 

FSH検査とは?
FSHは卵胞刺激ホルモンのことです。
「卵胞を育てる」為に脳から卵巣に向けて刺激を出します。
そのFSHホルモンの量を調べるのがこの検査です。


FSHが高いと、卵巣機能の低下が考えられます。

若い人でFSHの数値が低い場合、これはFSHの量が少ししか出ていなくても卵巣機能が衰えていないので、きちんと反応して卵胞を大きくして卵子を成熟させることができます。

 

ところが


加齢で卵巣機能が低下してくると、若いときと同じFSHの量では卵巣が
反応しなくなってきて、卵胞が育たなかったり卵子も成熟しなくなります。

 

そうなると、脳が「このFSHの量では足りないからもっとたくさん出しなさい」という司令を出して、FSHが卵巣を反応させて卵胞を育てるために大量に分泌させます。

 

FSHの数値の基準値
FSHの数値が10以下であればまず卵巣機能には問題ないとされています。
基準値は病院によって異なりますが、生理中の検査の数値が、3.4~13.9mIU/mlの間に入っていればOKです。

 

 


では逆に、どのくらい高い数値だと卵巣機能が衰えていて閉経に近い状態なのかと言うと、15から20以上あると閉経が近づいている、または間近だと言われています。


もし
「FSHの数値が20以上と高くて妊娠は絶望的だと悲観している人がいましたら、それは間違いです。」

 

確かにFSHの数値が高いということは卵胞が大きくなりにくく、また卵子も成熟しにくいことを意味していますので、体外受精や顕微授精で採卵しても空胞だったり、未熟卵や変性卵という結果になることが増えてきます。


数値が高いというのは妊娠しにくいと言えるかもしれません。ですが、妊娠は本当にいろんな条件が重なってはじめて妊娠できるものなので、一概に数値が高いから妊娠できないと決めつけることはできません。

 


具体的に数値を下げる方法は?
病院ではFSHの数値を下げる方法として、カウフマン療法を行っているところがあります。
カウフマン療法というのは、人工的にエストロゲンやプロゲステロンを使って自然にちかい排卵環境を整える方法です。

カウフマン療法をしている間は卵胞も卵子も育たないので排卵は起こりません。
卵胞を育てて卵子を成熟させる必要がないので、卵巣はその間お休みできます。


カウフマン療法の目的は「卵巣を休ませる」ことにあります!
小学校高学年や中学生で生理が来てから毎月毎月働き続けてきた卵巣は、30代、40代にもなるとさすがに疲れてきます。


そこでカウフマン療法を用いることでちょっと休憩させます。しばらく休むと卵巣はまたその機能を回復させます。その結果、卵胞も育って良い卵子ができやすくなります。

 

 


 

 

東洋医学では子宮と関連が深い臓腑が「腎、肝、脾胃」になります。
これらの内臓機能も整えていくことで、子宮への血流の流れも良くなっていきます。

ホルモン療法と鍼灸治療を併用
してお身体を整えていくこともおすすめしています。
鍼灸についてご興味がある方は、いちどご相談ください TEL 03-3445-1189

不妊の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師