鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド不妊

女性ホルモンUPで妊娠、出産を

投稿日:2017/10/20 投稿者:鍼灸サロンRicca(コラム投稿数:86件)

女性ホルモンは、女子力の源であり、妊娠力の源でもあります。

美と健康を保つとともに、妊娠・出産を司るホルモンです。

 

 

 

女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンがあります。

 

エストロゲンは卵胞を育て排卵に向かわせる卵胞ホルモン。

また、コラーゲンを産生するので美のホルモンとも言われ、生理が終わる頃から分泌量が増えます。

 

プロゲステロンは排卵後から分泌が高まり、子宮内膜をふかふかにしてくれる

母のホルモンです。

 

この2つがバランスよく分泌されてこそ健康な状態といえ、妊娠力を上げるためにはこの2つのホルモンバランスを良好に保つことが大切なのです。

 

 


☆妊活中にうっかりやりがちなホルモンバランスを崩すNG生活習慣☆

・夜寝る前の携帯依存
・湯船に入らずシャワーですませる
・朝食を食べない
・喫煙

これらはホルモンバランスの妨げになります。思い当たる人は改善しましょう。

 

 


☆授かりホルモンUPの冷え対策にお灸!


関元(かんげん)

おへそから指4本分下行った位置にツボがあります。

婦人科の治療でも良く使われているツボで、気を整えて元気になります。
体がだるい、頭痛、むくみ、肩こり、生理痛、などホルモンバランスが原因の不調に効果を発揮します。

 

 

 

 


体内循環が滞っていると、必要な部位まできちんと女性ホルモンを届けられない可能性があります。女性ホルモンが正常に運ばれるように、身体の調整ポイントであるツボを刺激して、身体の巡りを改善しましょう。

 

 

不妊の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師