鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド難聴・耳鳴り

発症後2週間以内の突発性難聴は、はっきり言ってどこの鍼灸院に行っても治る

投稿日:2017/04/21 投稿者:突発性難聴専門 さいとう難聴鍼灸院(コラム投稿数:305件)

こんにちは。

 

神尾記念病院や一掌堂治療院に通院しても聴力が回復しないあなたのための応援団。

 

日本で唯一の、3か月で聴力を20㏈回復させる専門家 斉藤鍼灸院です。

 

 

 

突発性難聴は、発症後2週間以内の治療が有効だと、一般的には言われます。

 

発症後48時間以内であれば、耳鼻科でのステロイド治療のほうが鍼灸よりも優れています。

 

それ以上経過した難聴は、耳鼻科での入院加療でも目立った改善はありません。

 

 

入院しても聴力が回復せず、困った患者さんが鍼灸院に訪れます。

 

 

 

多くの難聴専門を謳う鍼灸院では、発症後2週間以内の突発性難聴を取り扱い、「実績」として紹介しています。

 

 

当院の経験からいうと、発症後2週間以内であれば、はっきり言ってどこの鍼灸院にいって治療を受けても改善します。

 

 

耳の血流量を上げ、細胞の死滅を防いであげれば、あとは勝手に治ります。

 

 

問題なのは、それでも回復せず、数か月~数年以上経過した難聴です。

 

 

 

こうなってくると、もはや単に首肩を緩めて血流をよくする、そんな程度の治療では聴力は改善されません。

 

 

この数か月の間に、あなたはステロイドだの漢方だの蜂の子だの、あらゆる毒素を体内にため込んでいるはずです。

 

 

こういう内臓の状態まで把握して治療しなければ、残念ながら聴力は回復しないでしょう。

 

 

 

当院は、こんな時間が経過している突発性難聴のみ引き受ける専門院です。

 

 

 

3か月で、あなたの聴力を20㏈分、回復させます。

難聴・耳鳴りの他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師